更年期生涯の原因と解決方法【年取ってもゲンキーズ】

バランスの乱れ

様々な症状があります

更年期障害は、ホルモンバランスが崩れることにより、発症する症状の総称です。更年期障害は女性がなるものというイメージがありますが、最近では男性の更年期障害も注目を集めています。 症状としては、頭痛や肩こり、不眠、不安感、発汗などがあります。場合によっては、いくつもの症状が同時に現れることもあります。 更年期障害の症状や程度は個人差が大きく、全く気にならないという人もいます。 更年期障害の症状を悪化させないためには、早めの対応が重要です。完全に予防するということは出来ませんが、バランスの良い食事や適度な運動、自分なりのストレス解消法などを生活に取り入れることで、症状を軽減させることが出来る場合もあります。

自分に合った治療法を選ぼう

更年期障害は、以前よりも理解が進んでおり、更年期外来の数も増えてきています。 多くの病院で取り入れられている治療法がホルモン治療です。低下したホルモンを補充することにより、様々な症状を緩和させることが出来ると言われています。さらに、骨粗しょう症の予防にもつながると言われています。ただし、ホルモン治療には、いくつかのデメリットもあります。治療を受ける場合には、メリット・デメリットを比較し、信頼する事が出来る医師としっかりと話し合った上で最適と思われる治療法を決めるようにしましょう。わからないことや不安に感じることがあれば、治療を受ける前に確認をするようにし、納得した上で治療を受けるようにしましょう。

うまく乗り切ること

更年期障害によって精神的にも肉体的にも蝕まれてしまうことがあります。更年期障害は個人差がありますので症状が重い人と軽い人がいます。もしも症状が重くて生活に支障が出てしまうようならば医者に診察してもらいましょう。

Read More

生活習慣見直しで防ぐ

更年期障害を緩和させるためにはまずはストレスを溜めないことでしょう。女性ホルモンが減って更年期の症状が出始めるとイライラしてしまいがちです。ですからストレスが更に症状を悪化させてしまう原因にもなるのです。

Read More

高齢による問題

人は年令を重ねることで、身体が動きにくいといった影響がでますが、高齢の女性を中心に更年期障害と呼ばれるものを発症する人が多くいます。どういった障害か把握し、対策をとるといいでしょう。

Read More